要求工学

読み方 : ようきゅうこうがく

要求工学とは

システム構築におけるユーザーの要求を、科学的に定義するための方法や考え方の総称。“ユーザーは何が目的か”、“どんな機能が必要か”などの要求をまとめ、システムに正しく反映させる手法全般を対象にする。主にシステム構築の最上流の要求定義の領域を対象とするが、要求の変更を管理する手法や、要求が適切に反映されているか検証する手法も含む。

要求工学は、米国で1970年代後半から研究が進められてきた。日本では2004年に本格的な取り組みが始まり、情報処理推進機構(IPA)ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)が研究部会を立ち上げたり、日本で初めて要求工学国際会議が開催されたりした。

要求工学では一般的に、要求に関する工学的な手法を(1)要求の獲得、(2)定義、(3)検証、(4)管理の4領域に分類する。(1)は主にインタビューなどでユーザーから目的や必要な機能を引き出すこと。「ソフト・システムズ方法論(SSM)」や「ゴール指向分析」などの手法がある。(2)はUML(統一モデリング言語)などを使って要求を可視化したり、要求仕様書を作成したりする手法。(3)はレビューなどでソフトが要求を正しく反映しているかどうかを確認する手法。(4)は要求変更時に上流からの一貫性を保ったり、要求定義内容を再利用したりする手法である。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]