RoHS指令

読み方 : ろーずしれい;ろーすしれい

英語正式表記 : Restriction of the use of the certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment

RoHS指令とは

コンピュータや通信機器、家電製品などで、有害な化学物質の使用を禁止する指令。RoHS(ローズ)は「Restriction of the use of the certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment(電気電子機器の特定有害物質使用規制)」の略。

欧州連合(EU)15カ国で2003年2月13日に発効、2006年7月に施行された。地球環境破壊や人の健康に害を及ぼす危険を最小化することを目的としている。対象となる有害化学物質は、鉛や六価クロム、水銀、カドミウムのほか、PBB(ポリ臭化ビフェニール)とPBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)という2種類の臭素系難燃剤の計6物質。規制の対象となる主な機器は、機器メーカーに回収リサイクルを義務づけた「WEEE(Waste Electrical and Electronic Equipment)指令」で指定するものと電球および家庭用照明器具と定めている。

RoHS指令はEU内での規制であり、日本や米国に同様の規制はまだない。しかし、日本のメーカーの多くが欧州で製品を販売しているため、RoHS指令に準拠する必要に迫られている。また2006年12月13日、EUで新たに2万種以上の化学物質の安全性の評価を義務付ける新化学品規制(通称REACH)が可決され、2007年6月1日から施行された。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]