RSS

読み方 : あーるえすえす

英語正式表記 : Rich Site SummaryまたはRDF(Resource Description Framework) Site Summary

RSSとは

Rich Site SummaryまたはRDF(Resource Description Framework) Site Summaryの略。Webサイト上にある記事の見出しや記事の要約などの一覧を作成するための、XML(拡張マークアップ言語)フォーマットの一つ。サイトの運営者は情報発信がしやすく、利用者はRSSで記述したファイル(RSS文書)をRSSリーダーなどのツールで取得すれば、サイトの概要を把握できる。ブログ(blog)がRSSを採用したことで急速に広がり始めた。

RSSは、旧ネットスケープコミュニケーションズが社内ポータルサイトの記事配信用に、記事の見出しや、その記事のURL、要約、更新時刻、著作者などを記述するタグを定めたのが最初。1999年3月に「RSS0.9」として外部に公開した。現在は、Web関連の標準化団体W3Cが「RSS1.0」として規定している。ユーザーコミュニティが「RSS(Real Simple Syndication)2.0」を規定しているが、後継ではない。一方でAtomと呼ばれる新たなフィード技術が浮上しており、RSSとの競合で混乱も予想される。

ニュースサイトやオンライン商店ではRSS文書を掲載することが一般的になりつつある。情報量の急増で、検索エンジンを使ってもサイトが埋もれるようになったためだ。企業でも社内の情報流通手段として注目を集めつつある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]