セルフサービスBI

読み方 : せるふさーびすびーあい

セルフサービスBIとは

現場の社員が自らデータを分析し、リポートを作成すること。現場でのデータ活用を支援するため、BI(ビジネスインテリジェンス)ツールの新たな利用形態として注目を集めている。

今や業種・業態を問わず、様々な企業で社内外のデータを経営や業務に生かす取り組みが始まっている。こうした企業で導入されつつあるデータ分析ツールがセルフサービスBIと呼ばれる機能を持つものだ。タブロージャパン「Tableau」、日本マイクロソフト「Power BI」、クリックテック・ジャパン「Qlik Sense」などがある。

背景:エクセルの手間を解消

BIツールは10年以上前からあった。ただしこれまでのBIツールは膨大なデータを処理できる高性能なサーバーが必要で、IT部門が主体となって運用している。IT部門が業務部門の社員の要望をヒアリングしたうえで、分析対象となるデータを整備したり、参照用の画面を設計したりする。新たなデータ項目を追加したいときや別のデータを分析対象に加えたいときは、業務部門の社員がIT部門に依頼して対応してもらう必要があった。

これまでのBIツールは、特定のデータを事前に決めたフォーマットに従って出力する用途に向いていた。一方で今、多くの企業が取り組むデータ活用はその時々で必要なデータを読み込み、様々なグラフを作成してデータの特徴や関係性を見いだそうとすることである。

そこで業務部門で利用され始めたのが、日本マイクロソフトの「エクセル」といった表計算ソフトだった。ところが表計算ソフトでグラフを作成するには、対象となるデータの表を先に作っておく必要がある。そのことが、試行錯誤を繰り返す分析作業の手間となったのである。

例えば、いったん作成したグラフで項目を変更するような場合は、グラフの基になる表を修正しないと、グラフに反映されない。こうした表計算ソフトの弱点を補うように登場したのが、セルフサービスBIのツールである。

グラフを自動作成できることが特徴で、利用者はデータ分析に集中できる。「データビジュアライゼーションBI」「データディスカバリーBI」などとも呼ばれている。

セルフサービスBIツールの操作画面では、読み込んだデータ項目がリスト形式で表示される。このリストからグラフにしたい項目を選択し、「列」と「行」のどちらかに指定すると、グラフが自動的に作成される仕組みだ。円や棒、折れ線といったグラフの表示形式は、選択された項目のデータ特性に応じて最適なものが自動で選択される。

特徴:試行錯誤の繰り返しが楽に

実際の分析作業では、いったん作成したグラフの項目を入れ替えたり、表示するデータを絞り込んだりと、試行錯誤の繰り返しだ。こうした面倒な作業も、簡単な操作で進められる。

項目の入れ替えは、選択中の項目を解除して新たな項目をリストから選び直すだけで済む。データの絞り込みは、使いたい項目だけをリストから選び、範囲や要・不要を指定するだけで、即座にグラフに反映される。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2016年10月18日 公開]