送信ドメイン認証

読み方 : そうしんどめいんにんしょう

送信ドメイン認証とは

送信者のアドレスが正規のものであることを証明する技術のことで、元PoboxのMeng Weng Wong氏により提唱された。「送信者認証」と呼ばれることもあるが、一般に送信者認証は「SMTP-AUTH」といった、送信側のメールサーバーでメールを送信するユーザーを認証するときに用いる技術だけを指すことが多い。

送信ドメイン認証では、メールアドレスのドメインを見て、それが正規なサーバーから発信されているか否かを検証する。多くのスパムメールが送信者を偽って送信されるため、これらのなりすましメールを排除すればスパムメールが減るという考えに基づいて開発された技術で、携帯主要各社や大手プロバイダーなどで導入されるようになった。

現在、送信ドメイン認証技術には、IPアドレスベースのものと電子署名ベースのものに大別される。前者は送信元のIPアドレスを根拠に、正規のサーバーから送信されたものかどうかを検証する技術で、「Sender ID」や「SPF(Sender Policy Frameworks)」がその代表格である。後者は送信されたメールの中に電子署名を挿入し、その正当性を検証する技術で、「DomainKeys by Yahoo!」や「Identified Internet Mail」などがある。

制作協力:株式会社インプレス

[2019年 3月18日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00162385