SFA

読み方 : えすえふえー

英語正式表記 : Sales Force Automation

SFAとは

Sales Force Automationの略。売上高と利益を増やす目的で、営業担当者の業務を支援する取り組みの総称を指す。具体的には日報作成に代表される定型業務を自動化して営業活動を効率化したり、顧客への訪問履歴を細かく管理したりして受注に結びつける。

これらを実現するための情報システムを「SFAシステム」、あるいは「営業支援システム」と呼ぶ。SFAシステムの中核は営業担当者の活動内容や、商談の進ちょく状況を管理する機能。一般に管理項目をあらかじめ設定しておき、パソコンや携帯情報端末から選択式で情報を入力できるようにする。活動内容を報告する機能の場合、「顧客側の応対者」や「提案内容」、「対応者の反応」といった項目を設ける。さらに「顧客側の応対者」なら、「企画部門の管理職」や「マーケティング部門の担当者」などの選択肢を用意する。営業担当者がパソコン画面に表示された選択肢を選ぶと、活動内容がSFAシステムに入力される。営業部門の管理職はパソコンで各担当者の入力内容を確認し、受注に結びつけるためのアドバイスなどをする。

選択式で情報を入力するのは、営業担当者の入力の手間を軽減するため。営業担当者が入力する情報の質にバラツキがなくなるといったメリットもある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介