SMB(Small and Medium Business)

読み方 : えすえむびー

英語正式表記 : Small and Medium Business

SMB(Small and Medium Business)とは

Small and Medium Businessの略で、「中堅・中小企業」の意味。BusinessをEnterprisesに置き換えて、SMEと呼ぶ場合もある。ITベンダーによってSMBの定義は異なる。中小企業基本法では社員300人以下の企業を「中小企業」と規定しているが、それより大規模な企業をSMBと見るITベンダーも少なくない。

SMBは大手企業に比べてIT資産管理などの情報化が遅れており、大企業向けのIT市場が伸び悩んでいる中、大きな進展が期待できる市場と見込まれている。SMB向けの製品やサービスは強化されており、高度な機能を組み込まずに価格や料金を引き下げることや、複数のアプリケーションをワンパッケージにまとめることで、スムーズな導入も図られている。

ERPパッケージ分野では、これまで大手企業だけに注力してきた外資系ベンダーを中心に、SMB向け製品が特に強化されている。

SMBに対し、効率的に製品やサービスを売り込むため、専門の営業マーケティング部を組織したり、地場の中小ベンダーとパートナー契約を結んだりするITベンダーもある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月28日 公開]

ビジネスに役立つ多彩なコースを全て無料でご利用いただけます。

ビジネスマナーやセキュリティ、働き方改革のヒントなど多彩なコースをご用意しています。

ページID:00152234

ナビゲーションメニュー