スマートスピーカー

読み方 : すまーとすぴーかー

スマートスピーカーとは

ネット接続機能と音声操作のアシスタント機能を併せ持つスピーカー。スマートフォンやパソコンの周辺機器として使うほか、ユーザーの音声コマンドによる情報検索や家電製品の操作などができる。音声アシスタントと会話をするように操作し、天気や予定を調べたり、ニュースや音楽、オーディオブックを再生したりできる。

スマートスピーカーの歴史は浅く、2011年にAppleが自社のスマートフォンに、音声操作によってWebサービスを利用できる「Siri」を搭載したのが最初だ。2014年には、Amazonが音声操作によってAmazonの商品を購入できるスマートスピーカー「Amazon Echo」を発売し、その後、廉価版「Amazon Echo Dot」とポータブル充電方式の「Amazon Tap」が開発された。続いて2016年にはGoogleが「Google Home」を発売。「Amazon Echo」には「スキル」と呼ばれる拡張機能があり、スキルを追加すると、音声操作でテレビにYouTubeの動画を表示できる。

スマートスピーカーの技術はさらに進化を続けており、メッセージングアプリのLINEは、2017年に音声での音楽再生、ニュース、天気、TVリモコン、LINEの読み上げや送信、会話ができるAIアシスタント「Clova WAVE」を発売した。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月24日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介