スマートフォン

読み方 : すまーとふぉん

スマートフォンとは

高機能な携帯電話機を総称してスマートフォンと呼ぶ。明確な定義はないが、大きなディスプレーを指先のタッチで操作する製品が大半を占めている。電話機能のほかにスケジュール管理やメール、Webブラウザー、無線LANなどの機能を搭載している。PDA(携帯情報端末)の通信機能を強化したものともとらえられる。

スマートフォンの代表例として、米アップル製の「iPhone」が挙げられる。米グーグルのOS「Android」を搭載する端末が急増しており、普及率の面では「iPhone」を上回っている。日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの3社が日本や韓国、中国のメーカーから調達したAndroid端末を販売している。

米マイクロソフトもスマートフォン用OS「Windows Phone(従来のWindows Mobile)」を端末メーカーに供給。パソコンやタブレット端末との親和性を訴求している。

国内でスマートフォンは、2000年代前半に登場した。05年にはPHS事業者のウィルコムがシャープ、マイクロソフトと共同開発した「W-ZERO3」を発売。06年にはNTTドコモが企業向けにカナダのリサーチ・イン・モーション製の「BlackBerry」の提供を開始した。一般に認知が高まったのは08年。ソフトバンクモバイルが発売した「iPhone 3G」が起爆剤となった。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年 1月15日 公開]