SMTP

読み方 : えすえむてぃーぴー

英語正式表記 : Simple Mail Transfer Protocol

SMTPとは

Simple Mail Transfer Protocolの略。インターネットなどのTCP / IPネットワークで標準的に用いられる、メールを送信するための通信プロトコルの一つ。

手紙を例にすると、ポストに投函(とうかん)され、郵便局で宛先別に振り分けられ、相手の最寄りの郵便局へ届けられる。ここまでの過程がメールにおけるSMTPの役割になる。つまり、SMTPはメールを相手のメールサーバーまで届ける仕組みといえる。

SMTPはメールを送信するための通信プロトコルであるのに対し、メールを受信するための通信プロトコルは「POP」と呼ばれる。これはPost Office Protocolの略である。ちなみに送信用サーバーは「SMTPサーバー」、受信用サーバーは「POPサーバー」と呼ばれる。

制作協力:株式会社インプレス

[2019年 6月17日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00165062