SNS

読み方 : えすえぬえす

英語正式表記 : Social Networking SiteまたはService

SNSとは

Social Networking SiteまたはServiceの略。共通の趣味や仕事を持つ者同士が集まり、意見の交換や知り合いの紹介などをすることで、新たな人脈作りやコミュニティの形成につながるWebサイト、あるいはそうしたWebサイトを提供するサービスを指す。ブログに続く新サービスとして注目されており、インターネット上のトラフィック占有率を急速に伸ばしている。

SNSは基本的に、すでにSNSに参加している人からの紹介がなければ参加できない。既存の参加者が参加希望者のメールアドレスやプロフィールをSNSに送り、運営主体が登録して初めてSNSでの意見交換が可能になる。自由に参加でき匿名で発言ができる掲示板やメーリングリストと比べ、秩序を保った議論を展開しやすい。ただしSNSにも厳密な入会資格審査はない。

SNSが誕生したのは2002年ごろ。米国のコミュニティサイト「Friendster」が先駆けとされる。同サイトの利用者は最初、自分の写真や興味がある対象のリスト、友人らの電子メールアドレスのリストを登録。共通の趣味を持つ友人、そのまた友人といった具合にたどれば新しい友人に出会えることが評判を呼び、ユーザー数を伸ばした。日本では「Mixi(ミクシィ)」や「GREE」、米国では「MySpace」や「Facebook」が大手SNSとされる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]