SOX法

読み方 : そっくすほう

SOX法とは

サーベンスオクスリー法の略称。エンロン事件をはじめとする米国企業の会計不祥事の続出に対して、米国政府が制定した企業改革のための法律のこと。2002年7月に成立した。日本では「米国企業改革法」と意訳されることが多い。SOX法は、企業に財務情報の透明性と正確性の確保を厳しく求めている。併せて会計処理上の不正や誤謬を防ぐ仕組みとして、「内部統制」の整備評価を経営者に義務付けた。仮にSOX法に違反した場合、経営者らは最長20年の禁固刑といった厳しい罰則に問われる。

ここで言う内部統制とは、不正な会計処理を防ぐための意思決定手順/業務プロセスの確立と、その順守を保証する体制を意味する。SOX法が求める内部統制を実現しようとすると、情報システムそのものや、IT部門の業務の見直しが求められる。会計システムに入力されるデータが作成されるまでの業務プロセスが、内部統制の観点から適正なものかどうかを確認する作業は、おのずから全システムの見直しに通じる。具体的には、経理システムと頻繁にデータをやり取りする販売管理システムや購買システムが、処理を適正に遂行しているかどうかをチェックする。IT部門の業務に関しては、システムの開発、保守運用といった作業が公正に実施されているかどうかを確認する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内