SQL

読み方 : えすきゅーえる

英語正式表記 : Structured Query Language

SQLとは

RDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)のソフトウェアを操作・制御する国際標準のデータベース言語のこと。1970年代にIBMが開発した世界初のRDBMSの「System R」を稼働するRDB操作用言語「SEQUEL(Structured English Query Language)」(シーケルもしくはシークェル)が元になっている。

SQLが命令文をRDBに送り、クエリ(問い合わせ)を行うと、データベースと対話するように命令文をやりとりするシンプルな仕組みだ。SQLの命令は大きく以下の3種類に分けられる。

(1)DML(Data Manipulation Language)
データを操作する。データの追加、削除、更新。
(2)DDL(Data Definition Language)
データを定義する。データベースオブジェクトを作成、削除。
(3)DCL(Data Control Language)
データを制御する。トランザクション制御やアクセス権限の制御。

SQLによってデータを操作できるRDBMSは、OracleのOracle Database、マイクロソフトのMicrosoft SQL ServerやAccess、オープンソースのMySQLやPostgreSQLなどがある。SQLの標準規格は数年ごとに改訂されている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介