SSL-VPN

読み方 : えすえすえるぶいぴーえぬ

英語正式表記 : Secure Sockets Layer virtual private network

SSL-VPNとは

Secure Sockets Layer virtual private networkの略。暗号化に「SSL(Secure Sockets Layer)」を使用するリモートアクセスVPN(仮想プライベートネットワーク)のことをいう。

リモートアクセスVPNには、「IPsec(IPセキュリティ)によるリモートアクセスVPN」と、「SSLによるリモートアクセスVPN」がある。IPsecによるリモートアクセスVPNは、クライアントPCに必ずVPN Clientのソフトウェアをインストールする必要がある。一方、SSLによるリモートアクセスVPNは、Webブラウザーさえあれば通信できるのが強みだ。

SSL-VPNには、以下の3つの方式がある。
(1)リバースプロキシ
(2)ポートフォワーディング
(3)L2フォワーディング

これらの方式は、専用ソフトウェアを導入したサーバーかSSL-VPN専用機器を設置するだけで導入がスムーズに進められるので、利用企業が多い。ただし、そのままではWebサイトの閲覧しかできないため、SSL-VPN製品は、Web以外のアプリケーションの通信プロトコルHTTPS(HTTP over SSL)に変換するJavaやActiveXモジュールを装備し、メールやグループウェアなどを安全に利用できる仕組みになっている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介