STP

読み方 : えすてぃーぴー

英語正式表記 : Spanning Tree Protocol

STPとは

STPは、レイヤー2のイーサネットフレームのループを回避するためのプロトコル。LANスイッチの機能の1つで、IEEE 802.1D規格として標準化されており、異なるベンダーのスイッチ同士でも使える。ネットワークが物理的にループ状になっても、スイッチでSTPが有効なら、論理的にはループのないツリー構成に自動変更する。ネットワークの冗長化と障害回避に使われる。

3つのスイッチを使って通信経路を冗長化しようとすると、経路がループ状になる。このままではネットワーク内で、ブロードキャスト通信のイーサネットフレームを転送し続ける「ブロードキャストストーム」が発生する。その結果、ネットワークの帯域やスイッチのリソースを消費して、ネットワークがダウンする。

STPを使えばこのようなトラブルを回避できる。物理的な冗長構成を維持しながら、スイッチの特定のポートをブロック状態にし、ブロードキャストフレームがループしないようにするのだ。

STPを有効にしたスイッチ同士は制御フレームをやり取りし、どのスイッチのどのポートをブロック状態にするのかを自動的に決める。

またSTPは、突発的なブロードキャストストームを防止するためなど、障害回避の用途にも使われる。不注意でスイッチにLANケーブルの両端を接続してしまった場合などだ。STPを有効にしたスイッチはループを検知すると、自動的にポートの1カ所をブロックし、ブロードキャストストームを防ぐのである。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年 3月24日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介