システム運用管理

読み方 : しすてむうんようかんり

システム運用管理とは

システムが効率良くスムーズに稼働するように永続的に行う保守管理のこと。「ネットワーク管理」「システム管理」「業務運用管理」がある。

ネットワーク管理とシステム管理は、ハードやソフトの障害を検出して遠隔操作で復旧する「障害対策」、ハードの配置やディスクの空き容量を管理する「構成管理」、トラフィックやプロセサの使用率を管理する「性能管理」、パスワードやアクセス権を制御する「セキュリティ管理」を行う。

一方、業務運用管理は、スケジュールに基づくジョブの自動実行、バックアップ、帳票出力などを行う。また、これらの基本的な機能のほか、クライアントへのソフトの配布や、各パソコンの資源管理なども重要な機能になる。

ITサービスマネジメントの運用管理を体系化したガイドラインであるITIL(ITインフラストラクチャ・ライブラリ)には、問題管理(システム障害防止や復旧手順)、構成管理、変更管理、サービスレベル管理、キャパシティ管理、可用性管理などの成功事例がまとめられている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月27日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介