systemd

読み方 : しすてむでー

systemdとは

Linuxのシステム起動時における初期化の仕組み(初期化プロセス)。2011年5月24日にリリースされたFedora 15などで採用されている。

Linuxでは当初「SysVinit」という、システム起動時の初期化プロセスが採用されていた。その後、イベント駆動型の初期化プロセス「Upstart」が採用されるようになり、初期化を並行実行するなど、かなりの高速化が図られた。

ただし、Upstartでは初期化時の依存関係を定義する必要がある。その依存関係の連鎖によって、不要なプログラムを起動してしまう欠点があった。

systemdは、そのプログラムが必要か否かを、ソケットの利用やアプリケーション同士のやり取りを行うバス「D-Bus」上のメッセージなどで判断し、必要に応じて起動することが可能になった。これによって、無駄なプログラムを起動せずに済むため、Upstartよりも高速になっている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2011年 5月31日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内