TCP/IP

読み方 : てぃーしーぴーあいぴー

英語正式表記 : Transmission Control Protocol/Internet Protocol

TCP/IPとは

インターネットで標準的に利用されている通信プロトコル。TCP(Transmission Control Protocol)とIP(Internet Protocol)という2つのプロトコルで構成されている。ネットワーク間プロトコルのIPは、目的地までデータを運送する役目を果たし、伝道制御プロトコルのTCPは、届けられたデータをもとの順番通りに並び替えて1つのファイルにする役目を果たす。

歴史的には最初、UNIXの一種である「BSD UNIX」に実装され、今日ではWindowsなどほかのOSにも実装が進んで、多様な機器間で相互に通信が行えるようになっている。TCP/IPのプロトコルのほとんどは「RFC(Request For Comments)」と呼ばれる文書にまとめられており、RFCを取りまとめているIETF(Internet Engineering Task Force)のサイトから自由に参照できる。誰でも参照できるオープン性も、TCP/IPが普及した要因になっている。

また、TCP/IPは「アプリケーション層」「トランスポート層」「ネットワーク層」「リンク層」の4つの階層に分かれており、仕様変更があった場合、変更が必要な層のみに手を加えればいいので、全体を変更する手間がかからないことも支持されている理由である。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介