在宅オペレーター

読み方 : ざいたくおぺれーたー

英語正式表記 : Telecommuting Operator

在宅オペレーターとは

顧客からの問い合わせや注文などの電話を受けるオペレーターは通常、コールセンターがあるオフィスに通勤して働いている。それに対し、自宅でオペレーター業務に就く人を在宅オペレーターという。以前から仕事と家庭を両立させるワークライフバランスの観点で有用性が注目されていた。

さらに東日本大震災後には、幅広い地域で交通機関の間引き運転や真夏に向けたオフィスの節電対策といった不測の事態が起き、オフィスへの通勤が不要になる在宅オペレーターの利点が改めて見直されている。コールセンターの拠点だけにオペレーターが集中していると災害時に事業継続が難しくなる可能性もあるため、自宅で働く在宅オペレーターをうまく組み合わせた勤務体系にも関心が集まり出した。

効果:オフィスへの通勤が不要に

在宅オペレーターの導入は、技術的にはさほど難しくない。コールセンターにかかってくる電話を在宅オペレーターがいる自宅に転送したり割り振ったりする機能を持つCTI(コンピュータ-電話統合)ソフトは既に数多く用意されている。一方、在宅オペレーターの自宅にはパソコンとブロードバンド回線があれば十分である。

ただし、運用面では乗り越えなければならない障壁があることを知っておくべきであろう。例えば通常のコールセンターには、スーパーバイザーと呼ばれるオペレーターの管理者がいる。オペレーターの仕事ぶりを観察して電話対応のアドバイスを与えるほか、個人情報の漏えいといった問題が起きないように監視する役割を担っている。ところがオペレーターが自宅にいると、スーパーバイザーは直接オペレーターを見られなくなるので、個々人の仕事を把握しづらくなるうえ、機密保持上のリスクも高まる。

事例:深夜帯に人員確保

テレビ通販大手のジュピターショップチャンネル(東京都中央区)は2004年頃から、「ホームエージェント」と呼ぶ在宅オペレーター制度を導入している。同社は深夜の生放送で目玉商品を紹介するため、この時間帯にオペレーターを数多く配置する必要がある。そのため、交通機関が動かなくなる深夜帯の人員確保に在宅オペレーターを役立てている。ただしホームエージェントになれるのは、通常のオペレーターとして長年勤務し、仕事や人柄に定評があるベテランに限る。これによって在宅でも生産性と安全性を確保しているのだ。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年 6月21日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内