第3世代携帯電話

読み方 : だいさんせだいけいたいでんわ

第3世代携帯電話とは

国際電気通信連合(ITU)が標準化した「IMT-2000」方式に準拠したデジタル携帯電話の総称。1980年代にサービスが始まったアナログ方式を第1世代、90年代のデジタル方式を第2世代と呼ぶため、この名が付いた。3G携帯電話と略すこともある。

国内で最初の第3世代携帯は、2001年10月にNTTドコモがサービスを開始したFOMA。翌年、4月にKDDIがCDMA2000 1Xで、12月に旧J-フォンボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)がVodafone Global Standard(VGS)で後を追った。実際にはIMT-2000にも複数の仕様があり、ドコモとソフトバンクモバイルはW-CDMA、KDDIはCDMA2000 1Xを採用している。

3G携帯の特徴はデータ通信速度が速いこと。第2世代で採用していたPDC(パーソナル・デジタル・セルラー)の通信速度が9600~28.8kビット/秒だったのに対し、IMT-2000は数百kビット/秒以上。国際規格であるため海外で利用できる点も特徴である。

サービスエリアの拡大や大容量データ通信のニーズの高まり、パケット定額制の導入などにより、契約数は急激に伸びている。3.9世代とされるLTE(Long Term Evolution)もNTTドコモが戦陣を切って普及が始まったが、3Gとは補完関係にある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介