tracert

読み方 : とれーするーと

英語正式表記 : tracert

tracertとは

実行するコンピューターから通信相手までのネットワーク経路リストを表示するコマンド。この経路とはコンピューター間を接続するルーターのことで、経路上にどのようなルーターが位置しているのかを表示する。「traceroute(トレースルート)」ともいう。

用途としては、通信相手から正常な応答がなかった場合などに、どのルーターが原因となっているかを確認するために利用される。このほか、通信相手までの各ルーターからのレスポンス時間の統計値も表示できるため、簡易的なネットワーク性能評価にも役立つ。

通信上のトラブルシューティングツールとして、「tracertコマンド」のほかに「pingコマンド」も用いられるが、pingコマンドでは、通信相手が通信可能な状態か、ネットワーク経路が正しく設定されているかが表示される。どちらのコマンドも記述方法は同じで、コマンド名の後ろに通信相手のIPアドレスやホスト名を指定して実行する。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152302