TRIZ

読み方 : とぅりーず

TRIZとは

ロシアで開発された課題解決手法。250万件以上の特許情報を基に、問題解決の「定石」をまとめた。データ分析により課題解決策を導くデータサイエンティストからの関心も高まりつつある。

データを分析したり、問題を解決したりしようとするとき、いつも同じようなアプローチになり、改善の域を出ない成果しか出せない。柔軟な発想で創造的な成果を上げたいのだが――。

こんな悩みに応える手法の1つが、ロシアで開発された問題解決手法の「TRIZ(トゥリーズ)」だ。世界中の250万件以上の特許情報を基盤に、創造的な成果を導く手法や定石を整理したものである。1990年代に製造業の開発部門で採用が進んだが、データ分析の分野でも、最近再び注目を浴びている。

成果:目標設定にも有効

TRIZが定義する定石の1つに「S字曲線」がある。技術の初期段階から成熟する前までの過程をステージに分解したもので、35種類のパターンがある。

目標を設定する際に、このS字曲線を参考にする。例えば「固体→粒体→粉体→ゲル→液体→気体→プラズマ→場→真空」と進化するパターンがある。これを洗剤に当てはめてみた場合、固形から粒体、粉体、液体へと進化してきたことと一致する。すると将来の形として、真空、つまり水を使わないで洗濯するといったアイデアにつながる。従来の発想の延長線上ではない、斬新な目標が生まれる。

定石には、発明原理を40パターンに分類し、「分割する」「逆にする」「繰り返す」といった抽象的な言葉にまとめたものもある。「果樹園のオレンジが、ヒヒに食い荒らされないようにするためにどうするか」といったシンプルな事例から、定石の使い方を学んでいく。

これは企画会議などで発想を広げる際にも役立つ。最初のアイデアを40のパターンで膨らませていくことで、意外なアイデアにたどり着く可能性があるからだ。

発想を拡散させるうえでは、アイデアを次々と書き出す「KJ法」がよく知られているが、常識的な発想のメンバーばかりだとアイデアがあまり発展しないことがある。TRIZでは40パターンの定石に“無理やり”当てはめることで、アイデアに網羅性と必然性を持たせることが可能になる。

動向:サムスンが導入

TRIZを活用して成果を上げた企業としてよく知られるのが、韓国のサムスングループだ。2000年ごろにロシアから専門家を招聘し、全社的に導入して年間100件を超える適用事例を生み出した。技術開発においてトレードオフの関係にある課題の解を発見して開発期間を短縮したことが、飛躍的な成長の一因ともいわれている。

分析にとどまらず、課題解決策の立案を求められるデータサイエンティストにとっても有効な手法だ。「分析で何を証明したいか」を考える際に、S字曲線を使えば、直近の予測できる未来ではなく、もっと先の未来を想定することができる。また40パターンの定石を使えば、分析アプローチを多様化する際にも役立つだろう。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2014年10月27日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介