ユビキタス特区

読み方 : ゆびきたすとっく

ユビキタス特区とは

総務省が2008年1月に開設した行政上の特例制度。企業や自治体が電波を利用しやすくし、最先端のICT(情報通信技術)サービスの開発や実験を推進する。

放送や携帯電話など、私たちの周りに電波を利用したサービスが広がっている。特に携帯電話やITS(高度道路交通システム)などの移動通信に関する日本の技術力は高く、海外からも受け入れられるサービスの開発が期待されている。

そこで総務省が2008年1月に設けたのがユビキタス特区という制度である。北海道や沖縄県のほか、茨城県つくば市や神奈川県横須賀市など研究開発拠点が集積する地区を主な対象に、市町村単位で特区に指定。企業や自治体が無線通信や放送などを組み合わせた新サービスの開発や実験を推進する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 5月15日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介