ユニファイド・コミュニケーション

読み方 : ゆにふぁいどこみゅにけーしょん

英語正式表記 : Unified Communications

ユニファイド・コミュニケーションとは

「通信サービスの統合」の意味。Unified Communicationsの頭文字を取って「UC」とも呼ばれる。電話やメール、インスタントメッセージなどのさまざまな通信手段のメリットを生かしながら一つのシステムに統合し、より円滑なコミュニケーションを実現する技術や仕組みを指す。

単なる通信手段というより、業務を円滑に進めるための総合的なプラットフォームという意味合いが強い。全員が統合されたプラットフォームで通信し合うことで、それまで分断されていた情報が集約され、意思決定の迅速化や従業員同士のコミュニケーションの効率化が図れるといわれている。

最近では、クラウド型のユニファイド・コミュニケーションに注目が集まっている。スマートフォンやタブレット端末といった携帯端末でも利用できるため、メンバーがどこにいても、どんな端末を使っていても、何かあればすぐに連絡を取れることが特長である。

制作協力:株式会社インプレス

[2019年 3月18日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00162387