UNIXドメインソケット

読み方 : ゆにっくすどめいんそけっと

UNIXドメインソケットとは

LinuxなどのUNIX系OSでは、各種デバイスへのアクセス(入出力)に「デバイスファイル」というファイルインタフェースを利用する。これによりプロセスは、一般のファイルを読み書きするのと変わらない手順で周辺機器を操作できる。

しかし、プロセス同士が、それもネットワーク経由で通信する場合、「ファイル」という概念をそのまま適用できない。ファイル・インタフェースを拡張した「ソケット」(Socket)というインタフェースを用いる。

プロセスは、お互いのソケットをネットワーク経由で接続し、そのソケットを通して通信する。これは、ネットワーク経由ではない、ローカルマシン上のプロセスでも同様。ローカルマシン上のプロセスが利用するソケットが「UNIXドメイン・ソケット」である。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 2月15日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介