Ustream

読み方 : ゆーすとりーむ

英語正式表記 : Ustream

Ustreamとは

ビデオカメラの撮影映像や動画ファイルの再生映像などをリアルタイムに配信できるサービス。WebブラウザとWebカメラ、インターネット接続環境を備えたパソコンがあれば、すぐに利用できる。iPhoneやAndroidなどのスマートフォン向けアプリケーションも用意されている。「Ust」(読み方は「ユースト」)と略して表記したり、呼ばれたりすることが多い。

「YouTube」のような動画共有サイトとの違いは、撮影中の映像をリアルタイムに配信/閲覧することにある。YouTubeは、動画ファイルをサーバーにアップロードして公開するサービスである。視聴者は、自分の好きな時にいつでも視聴できる。一度視聴した映像を、後からもう一度視聴することも可能だ。

一方、Ustreamには動画ファイルをアップロードする機能がない。視聴者が閲覧する映像は、ビデオカメラがリアルタイムに撮影しているか、配信者がローカルでリアルタイムに再生しているものだ。イメージとしては、テレビ放送と同じである。実際、Ustreamでは映像の配信を「放送」と呼び、配信される映像のことを「番組」と呼ぶ。視聴者は、番組が放送される時間帯にアクセスしないと、その番組を視聴することはできない。

テレビの場合、視聴者は新聞や雑誌に公開されている番組表を参照して、どの時間帯に、どのチャンネルで、どんな番組が放送されているのかを事前に調べられる。Ustreamでは、テレビのような番組表が存在しない。番組表の代わりになる機能として用意されている機能が、ソーシャルネットワークサービス(SNS)との連携機能である。FacebookやTwitterなどのSNSに登録されている自分の友達リストを使って、番組の宣伝や放送の開始を一斉に通知する。

SNSとの連携機能は、友達の友達、さらにその友達と芋づる式に視聴者を増やすツールにもなっている。視聴者がSNSでやり取りしているメッセージは、放送中の番組と並べてリアルタイムに閲覧できるようになっている。番組を配信しているユーザーは、視聴者の反応をリアルタイムに把握することが可能というわけだ。

映像配信に必要な機能は、すべてWebブラウザ上のツールとして提供している。Linuxで使うには、Flashプラグインをあらかじめインストールしておく必要がある。WebカメラはUVC(USBビデオクラス)対応の製品であれば、パソコンに接続するだけでUstreamのWebツールで利用できる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2011年 1月15日 公開]