Valgrind

読み方 : う゛ぁるぐりんど

英語正式表記 : Valgrind

Valgrindとは

Linuxのトラブル解析用ソフトの中で「定番」といわれている解析ソフト。「Valgrind」という名前は、北欧神話におけるヴァルハラへの入り口の名に由来している。

メモリーエラー検出、スレッドエラー検出、キャッシュとブランチ予測プロファイラ、ヒーププロライラ、コールグラフ生成キャッシュとブランチ予測プロファイラの5種類、合計6つのツールから構成されている。もともとはLinux用のメモリーデバッグツールとして設計されたが、開発の進展により、バグ検出やプロファイラといった動的解析ツールのための汎用のフレームワークとなった。

最新版は2017年にリリースされた「Valgrind-3.13.0」。変換キャッシュサイズを拡大し、大規模アプリケーションの需要に対応しているのが特長である。対応セクター数はこれまでの24から48となり、デフォルトのセクター数は16から32に、メモリーも64GBから128GBまで使用できるようになった。これにより、アプリケーションはMemcheck使用時に最大60GBを割り当てられるという。また、「C++demangler」が一新されるなど、機能が強化され、安定性も向上している。サポートするOSはLinux、Solaris、Androidなど。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介