ウイルス

読み方 : ういるす

ウイルスとは

パソコンやサーバーにトラブルを起こすことを目的として作成されたプログラム。実際には実行形式のファイルとしてだけでなく、ワープロや表計算ソフトの処理を自動化するマクロ、圧縮形式のファイル、Webページ上のスクリプトとしても存在する。

ウイルスが感染したり、拡散したりする手口は年々高度なものになっている。2001年9月に見つかった「Nimda(ニムダ)」は、過去に流行したウイルスの感染手法のほとんどを持ち合わせており、短期間の間に世界中に広まった。Nimdaの感染手法は、ウイルス付きの電子メールを自動送信したり、LAN上の共有ドライブにウイルスを自動コピーするほか、インターネット上のWebサーバーにも不正アクセスを仕掛けて感染する。その後も新たなウイルスが登場するなど、ウイルスによる被害は依然として収まる気配を見せない。

ウイルスに感染しないためには、ウイルス対策ソフトを導入するだけでなく、OSやWebサーバーソフト、Webブラウザにセキュリティホールがないかを注意しておく必要がある。

ウイルスに似たソフトとしてワームがある。ウイルスとの違いは他のファイルに感染せず単体で増殖する能力を持つこと。ただし、ワームもウイルスと呼ぶ場合も多い。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

知って安心! サイバー攻撃から会社を守る「3つの対策」をご紹介