音声ピッキング

読み方 : おんせいぴっきんぐ

音声ピッキングとは

物流センターや倉庫でのピッキング作業の指示に、音声システムを用いる手法。紙のリストによる指示に比べて生産性や精度を高められる、作業者の能力差を平準化できるなどのメリットがある。

倉庫内でのピッキング作業では、どの棚から、どの商品を、どの順番で、いくつピッキングするかという作業指示が欠かせない。現在はその指示を「文字」で伝えるのが一般的だ。作業者は指示内容を印刷した帳票や指示を画面表示できるハンディー端末などを持って、逐一参照しながらピッキング作業をこなしていく。

そんななかで最近、文字の代わりに「音声」を使う手法が注目されている。音声ピッキングである。文字を一切使わないので、帳票やハンディー端末は不要だ。代わりに、作業者は音声による作業指示を受信するための装置と、受信した指示を聞き取ったり応答したりするヘッドセットを頭に装着して作業する。

仕組み:2人1組で作業するイメージ

では、「通路3番」の「棚329」(確認番号は「46」)に保管された商品を「5個」ピッキングする作業を音声ピッキングする流れを見てみよう。指示1「通路3番へ移動」→作業者は移動後に「準備完了」と声で返答、指示2「棚329へ移動」→作業者は移動後に「準備完了」と返答、指示3「確認番号は?」→作業者は棚番号の脇に記載された確認番号を確認して「46」と返答、指示4「5個そろえてください」→作業者は5個を棚から取り出してから「5」と返答――。こうなる。

このように音声ピッキングの作業は、1人(実際はコンピュータ)がリストを持って音声で指示を出し、もう1人(ピッキングする作業者)がピッキングするという具合に、音声認識を通して“2人1組”で作業するイメージである。

背景:BtoCの拡大が契機

音声ピッキングに注目が集まる背景には、BtoCの急拡大がある。特定の取引先に大量の商品を一括配送するBtoBに対して、BtoCは不特定多数の個人に少量の商品を個別配送する。ピッキング作業の件数は、BtoCの方がはるかに多くなる。ピッキングミスで間違った商品を配送すると、顧客の信頼を失いかねない。

こうしたことから、BtoC向けのピッキング作業では高い生産性と精度向上の両立が求められる。これまでも、現場の改善活動やハンディー端末の導入で解決を模索してきたが、それも限界に近づいている。というのも、原因の根本は作業指示に文字を使うからである。

文字を読み取りながらの作業では、作業者の視線が帳票と商品の間を頻繁に動くため、読み取りミスや無駄が発生しがちだ。片手には常に帳票やハンディー端末を持つため、両手を使うピッキング作業では帳票や端末が邪魔になる。

作業指示の手法を変えて、生産性と精度の向上を狙うのが音声ピッキングである。また、音声の指示通りに作業すれば正確にピッキングでき、初心者でも短時間のトレーニングで作業を覚えられる。受注の増減を予測できないBtoCでは、音声ピッキングを使うことで臨時の作業者を柔軟に増やせる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2015年 9月28日 公開]