音声翻訳アプリ

読み方 : おんせいほんやくあぷり

英語正式表記 : Voice Translation Apps

音声翻訳アプリとは

利用者が発した音声の言語を認識し、別の国の言語に変換して表示または音声で再生するソフト。スマートフォンやタブレット端末向けに相次いで登場している。

海外出張先で道に迷い、通りかかった現地の人に尋ねたものの、言葉が通じずに困った経験はないだろうか。あなたは英語が得意でも、相手もそうとは限らない。とはいえ、全ての出張先の言葉を習得するのは現実的には困難である。

ところが最近になって、こうした悩みが解消される可能性が見えてきた。利用者が発した言葉を他の言語に翻訳して再生する音声翻訳アプリが、スマートフォンやタブレット端末向けに相次いで登場してきたからである。

主なアプリとしては、米グーグルの「Google翻訳」や米マイランゲージの「Vocre(ボークレ)」などがある。NTTドコモも2012年9月まで自社スマートフォン用の音声翻訳アプリを公開し、異なる言語を話す相手と通話できる「通訳電話サービス」を試験提供した。

効果:簡単なやり取りなら十分

音声翻訳アプリはスマートフォンなどのデータ通信機能を使って実現している。具体的には、利用者がスマートフォンに発した音声をまずデジタルデータに変換。これをネット経由で専用のサーバーに伝送する。このサーバーがデジタルデータの内容を認識して機械翻訳を実行。翻訳した内容を、合成音声や文字データに変換して、利用者または通話相手に瞬時に送るという仕組みである。

大半のアプリは日常会話の簡単なコミュニケーションレベルであれば、既に実用的な水準に達している。とはいえ、音声認識や機械翻訳の技術は発展途上の段階。現状では音声を認識しやすいように発音したり、翻訳しやすいように文章の順番を意識したりと、利用者側に工夫が求められる。サーバーに多くのデータが蓄積されていけば、翻訳精度の向上が見込めるだろう。

リアルタイム性の高いコミュニケーションへの対応が今後の課題といえる。音声認識と機械翻訳、音声合成という3つの処理を実行するには、どうしても時間がかかるためだ。

例外的にNTTドコモの通訳電話サービスは遠隔地の相手とリアルタイム性の高い通話ができるとアピールしている。利用者が音声を発している途中から音声認識や機械翻訳を開始することで、2秒程度で相手に届くようにしているのである。

動向:5人と同時会話できるアプリも

音声翻訳アプリは利用できる言語の数が急速に増えている。さらに多機能化を図っているアプリもある。

例えば情報通信研究機構が2012年7月に公開した「VoiceTra4U-M」は、最大5人が同時に異なる言語で通話やメッセージをやり取りできる機能を搭載して話題になっている。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年 3月31日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介