VPN

読み方 : ぶいぴーえぬ

英語正式表記 : Virtual Private Network

VPNとは

VPNは「Virtual Private Network」(仮想プライベートネットワーク)の略称。企業の拠点間を接続するために利用されていて、暗号化などのセキュリティ機能も盛り込まれている。接続端末からVPNサーバーまでの通信を丸ごと暗号化するので、途中で通信が傍受されても内容が漏洩しづらい。

VPNの利用は企業だけでなく、個人にも広がりつつある。主に公衆無線LANなど誰でも利用できるアクセスポイントを使ってネット接続する際に、通信内容をのぞき見される危険を減らすためだ。無線LANでインターネットに接続する際、通信エリア内で電波を傍受するのは簡単だ。そのため通信内容を暗号化するのが一般的だが、現在広く使われている暗号化方式「WPA2」に「KRACKs」と呼ばれる脆弱性があることが2017年10月に明らかになった。端末や無線LAN機器のソフトウエア更新で解消できるといわれているが、ソフトウエアが提供されない機器や更新しないまま使い続ける機器も相当数残りそうだ。そこで利用者側でできる自衛策として、VPNの利用に注目が集まっている。

個人でVPNを利用するには、個人向けのVPNサービスを利用するか、自宅の無線LANルーターのVPNサーバー機能を使うのが一般的だ。VPNサービスには無料のものと有料のものがあり、一般的に有料のものの方が安定して利用できる。パソコンやスマートフォン、タブレットそれぞれに標準のVPN接続機能があるほか、専用のソフトやアプリを使って手軽に接続できるサービスもある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2017年12月25日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくりご検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介