VPS

読み方 : ぶいぴーえす

英語正式表記 : Virtual Private Server

VPSとは

クラウドコンピューティングの主なサービス利用形態として、データセンターに設置された1台のコンピュータ機器を複数の企業で共有するというものがある。それでいて特定企業向けに“専用サーバー”を用意しているかのような仕組みを提供する。このサーバーをVPS(仮想専用サーバー)という。同様に、VPSを実現するソフトウエアは仮想化ソフトと呼ばれている。

従来型のサーバー共用サービスでは、ソフトウエアを自由にインストールできないとか、サーバーに大きな負荷がかかる処理は禁止など、様々な制約があった。一方、VPSは企業ごとに自由にソフトを搭載して好きな用途に使える。外部に公開するウェブサーバーとして使っても構わないし、大量データを保管・蓄積するのに使ったり分析処理に使ったりすることもできる。まさに企業ごとの専用サーバーのように利用できるわけである。

効果:外部サーバーを自由に利用

VPSの草分けは、米アマゾン・ドット・コムが2006年に開始した「Amazon EC2」である。その後、国内の通信事業者やプロバイダー(ISP)などが相次いで参入した。VPSのメリットは、導入のイニシャルコストが安いことだ。実際に初期費用は無料、月額利用料は数千円といった格安のサービスがある。サーバーの処理量やデータ通信量によって料金が変動する従量課金制を採用するサービスも多く、企業は月ごとの利用の増減に応じてシステムコストを変動費化することができる。

コスト面でVPSは有利なことが多いですが、必要な処理能力やネットワークの使用帯域が大きい場合には、仮想ではない文字通りの「専用サーバー」を自社で購入し、運用した方が割安になることがあり得る。大規模システムの構築では導入前に精査が必須だ。加えて、VPSを使いこなすには、OS(基本ソフト)の専門知識が必要である。VPSではOSの操作を利用企業側でするのが原則だからだ。同様にセキュリティー対策も自己責任になる。

利用中のハードが故障した時は動作しなくなることもある。2011年4月にはAmazon EC2で大規模障害が発生し、EC2を利用する有名なサービスが軒並み、動作不安定に陥った。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年 7月 5日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介