WAN

読み方 : わん

英語正式表記 : Wide Area Network

WANとは

Wide Area Network(広域通信網)の略。市街地から郊外、県外、海外に広がった広域のネットワークのことで、点在するLAN(Local Area Network)とLANを結ぶ公衆網をいう。WANを世界規模で実現しているのがインターネットである。また、電気通信事業者が提供する、固定電話、ISDN、携帯電話、PHS、専用線、フレームリレー、ATM、IP-VPN(Virtual Private Network)、広域イーサネット(広域LAN)などの広域通信網によるネットワークサービスの総称でもある。

専用線やフレームリレーは非常にコストがかかるため、以下の企業向けWANサービスを利用する企業が多い。

(1)IP-VPN
企業が持つIPアドレス間で複数のルーターを設置してLAN同士を接続する。セキュリティの確保には、回線網自体を閉鎖的な専用環境にしてゲートウェイを設ける
(2)広域イーサネット
LAN同士を結びつけるために通信回線を監視してリソースを見つけ出し、通信データの衝突や混雑を回避するサーバー機能を活用する
(3)インターネットVPN
暗号化されたデータでインターネット通信を行う。公衆回線を使用するため、低コストだが通信速度は遅く、セキュリティも低い

IP-VPNと広域イーサネットは、通信事業者が提供するキャリア網を複数ユーザーで共有するが、インターネットVPNはインターネットと認証・暗号化技術によってVPNを実現している。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介