ウォータフォールモデル

読み方 : うぉーたふぉーるもでる

ウォータフォールモデルとは

ソフトウエア開発手法の一つ。開発作業をいくつかの工程に分け、各工程での成果をドキュメントにまとめて明確にしてから次の工程へ進む。一般的には、要件定義、基本設計、詳細設計、プログラム開発、テスト、運用、保守の順に開発工程を区分する。上流から下流へと一方向に進む水の流れのようにソフトウエアの開発を進めることからこの名称がある。

ソフトウエア工学において、ウォータフォールモデルは基本になる考え方である。とりわけメインフレームを中心とした大規模システムの開発では、標準的なアプローチとして多くの技術者に受け入れられてきた。ユーザーのニーズをシステムに具現化し、かつ全体の整合性を保つ効果が認められてきたからである。

開発の進ちょく状況を把握しやすく、プロジェクト管理に向くというメリットがある。また、仕様書が確実に残る、処理性能を満たすための設計作業を確実に盛り込める、といった利点もあり、基幹系システムの開発においては、今でもウォータフォールモデルを採用することが多い。ただし、工程ごとにドキュメントを作成したり、各工程を別々のチームが担当することが多いので成果を引き継ぐ作業が発生する。このため一般に、スパイラルアプローチに比べて開発期間は長くなる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

お役立ち情報満載!「資料ダウンロードまとめサイト」のご案内