Webアプリケーションサーバー

読み方 : うぇぶあぷりけーしょんさーばー

Webアプリケーションサーバーとは

Webアプリケーションを構成するサーバー側のプログラムの実行環境を実現するソフトウェア。Web3層構造の中間層で、大量のリクエストを高速で処理するWebサイトにおいて、重要な役割を担っているミドルウェアのこと。

Web3層構造は以下の3階層となる。
(1)Webサーバー
フロントエンドにあり、ユーザーと直接やりとりを行うサーバーで、ユーザーがWebブラウザーからリクエストした内容を受け付けて処理する。
(2)Webアプリケーションサーバー
WebサーバーからのリクエストをJava、Ruby、PHPなどを実行して処理し、場合によってはデータベースにアクセスしてデータを要求する。
(3)データベースサーバー
主にデータの管理を行っているバックエンドで、Webサイトに必要なユーザーデータや商品データなどを保存しており、Webアプリケーションはデータベースにアクセスし、必要なデータの抽出や加工処理を実行している。

Webアプリケーションサーバーは、WebブラウザーとWebサーバーとの接続管理、データベースへの接続制御、セキュリティ管理、ユーザー認証などの機能を利用するため、Webベースのシステムを効率的に開発・運用できる。大規模システム向けに負荷分散やフェイルオーバーなど、複数のサーバーで処理を分担する機能もある。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

ページID:00152437