Wi-Fi Direct

読み方 : わいふぁいだいれくと

英語正式表記 : Wi-Fi Direct

Wi-Fi Directとは

Wi-Fi Direct(ワイファイ・ダイレクト)は機器同士が直接やり取りできる新たな無線通信方式の名称。従来のWi-Fiは機器(子機)同士を直接接続できず、必ず家庭や企業、公共空間などに設置された「アクセスポイント」と呼ぶ機器(親機)を介さなければ通信ができなかった。Wi-Fi Directは子機の中に親機の機能を内包することで、この制約を解消している。

そもそもWi-Fiは、業界団体「Wi-Fiアライアンス」が国際通信規格「IEEE 802.11シリーズ」に準拠していることを認定した機器に付けるマークを指す。既にノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末、携帯ゲーム機、デジタル家電など様々な機器がWi-Fiに対応。機器の種類やメーカーの違いを意識せずに相互接続できるメリットがある。

ただしこれまでのWi-Fiは親機が近くに無かったり故障したりしていると、子機同士がいくら近接していても通信できなかった。それに対し、Wi-Fi Direct対応機器は親機を用意することなく、子機同士で直接通信ができるのだ。Wi-FiアライアンスによるWi-Fi Directの認定は2010年10月に始まった。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2013年 8月 6日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取り揃えています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介