Winny

読み方 : うぃにー

Winnyとは

不特定多数のユーザーが、ネットワークを介してファイルを共有するためのソフトウエア。元東大助手が開発・配布した。ファイル共有のためのサーバーを必要とせず、Winnyをインストールしたパソコン同士がピアツーピアで通信する。Winnyネットワークの別のパソコンに保存されているファイルを検索し、それらを自分のパソコンにダウンロードできる。

Winnyではネットワーク上のパソコンが連携してファイルを検索する。例えば、あるユーザーが特定のファイルの検索要求を近くのパソコンに送ったとする。それを受け取ったパソコンが当該ファイルを持っていなければ、また別のパソコンに検索要求を転送して連携する。この結果、Winnyのネットワークにつながる非常に多数のパソコンに対して、ファイルを高速で検索できるようになる。

2005年以降、Winnyに仕込まれる「Antinny」などの暴露ウイルスによって、パソコン内のデータが流出する事件が多発している。本来ならWinnyは特定のフォルダにあるファイルしか外部に公開しないが、暴露ウイルスはユーザーのコンピュータにある他のフォルダにあるファイルまで勝手に公開するため。プライバシー情報だけでなく、企業や公共機関の機密情報などが漏洩するケースも非常に多い。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介