無線LAN

読み方 : むせんらん

無線LANとは

電波や赤外線など、有線ケーブル以外のデータ伝送路を使ったLAN。パソコンやルーターに無線通信アダプタを接続することで、特別な配線工事をせずにLANを構築できる。そのため、オフィスのどこからでもLANに接続してパソコンを使ったり、オフィスのレイアウト変更などの際にパソコンを簡単に移動したりできる。

現在は、2.4GHzの周波数帯を使う電波式で、最大54Mビット/秒(実効速度は20M~30Mビット/秒)を実現する「IEEE802.11g」準拠の製品が主流。2.4GHz帯では、間仕切りなどのたいていの障害物を透過してデータを送れる。ほぼすべての製品が、IEEE(米国電気電子学会)が制定した無線LANの国際規格「IEEE802.11b/g」に準拠したものだ。新たな規格として100Mビット/秒を実現する「IEEE802.11n」がある。

いまや無線LANカードを標準で内蔵したノートパソコンが多い。飲食店や特定の市街区域で無線LAN接続サービスが提供され始めるなど、広く普及している。

ただし無線LANは、同じ周波数帯を利用する近距離無線データ通信規格の「Bluetooth」や無線LAN同士で波長が干渉する問題が報告されており、導入前に対策を講じる必要がある。

無線LAN製品の相互接続性を確認する業界団体として「Wi-Fi Alliance」がある。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介