ワークフロー管理

読み方 : わーくふろーかんり

ワークフロー管理とは

企業内の複数の担当者が一連の仕事を円滑に進めるために、ネットワークにつながったコンピュータを使って、やり取りする情報の流れを管理すること。このような機能を備えた情報システムをワークフロー管理システムと呼ぶ。りん議書や申請書の起案・承認・決裁や商品開発、クレーム処理など、複数担当者がそれぞれの作業結果を引き継ぐ形で進める業務に向く。

ワークフロー管理システムには、作業ごとに担当者や使用アプリケーションを規定するフロー定義機能、アプリケーションとの連携機能、業務の進ちょく状況を把握するためのモニタリング機能などが必要である。これらの機能を備えたソフトウエア製品はワークフロー管理ツールと呼ばれる。

りん議や申請、クレーム処理など、文書の回覧が中心の用途には、グループウエアのワークフロー管理機能や、そのアドオンソフトが利用される。例外処理にも柔軟に対応でき、比較的安価に導入できるメリットがある。一方、金融機関の審査業務など、基幹業務にワークフロー管理システムを導入する場合は、アプリケーションの制御やセキュリティに優れた専用のワークフロー管理ツールが利用されることが多い。この場合は、審査に必要な文書をイメージデータとして取り込む機能も重視される。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介