Workplace

読み方 : わーくぷれーす

Workplaceとは

Facebookが提供しているビジネス向けのSNS。米国では2016年10月、日本国内では2017年5月にサービスが開始された。Facebookの画面や仕様をそのまま活用し、ビジネスでの用途や要望に応えるさまざまな機能を備えている。ただしユーザーの個人アカウントとはリンクされない。

大きな特長としては、Facebookでなじみ深い「友達」という概念がなく、社内メンバー全員とすぐに交流できたり、社内や社外メンバーとグループを作成して案件ごとに情報共有ができたり、ビジネスユースということでセキュリティが高くなっていることなどが挙げられる。機能としては「Chat」と呼ばれるダイレクトメッセ―ジ機能、ライブ配信機能、リアクションボタン、翻訳機能、ビデオ・音声通話機能を備えている。

リリース以来、多くの企業で導入されおり、スターバックスコーヒー、Heineken、ドミノピザなど各企業が導入。スターバックスコーヒーでは、とあるスタッフが考案したメニューがWorkplaceで拡散され、のちに新メニューとして採用されるといったことも起き、大きな話題を呼んだ。企業向けのコミュニケーションツールという分野では、Slack、Yammer、SalesforceのChatter、Hipchat、Jiveなどが主な競合サービスになると予測されている。

制作協力:株式会社インプレス

[2018年 8月20日 公開]

ビジネスシーンのカタカナ用語を新しい解釈でご紹介

「エビデンス」「ステークホルダー」「ブルー・オーシャン」って何?ビジネスシーンでよく耳にするカタカナ語をイラスト付きで解説。正しい意味や使い方をはじめ、「こんな使い方もできるかも?」「こんな風に使ってみては?」という新解釈をご紹介しています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介