ワーム

読み方 : わーむ

ワームとは

自立的に動作する不正プログラム。コンピュータウイルスの一種として扱われることが多い。通常のウイルスは、マイクロソフトの電子メールソフトであるOutlook Expressをはじめとしたアプリケーションの機能を使って、他のコンピュータに感染する。また、ユーザーが起動しないと活動を始めない。しかし、ワームはほかのアプリケーションの力を借りずに、自力で他のコンピュータに感染する能力を持つ。最近では、USB接続のフラッシュメモリーなど、リムーバブルタイプの記憶媒体を介して感染する例もある。

コンピュータに感染したワームは、コンピュータのシステムファイルを書き換えて動作を不安定にさせたり、Webサイトの内容を不正なものに書き換えたりする、といった悪質な行為を働く。同時に、他のコンピュータにネットワーク経由で感染を広げる。例えば、「ファイル共有」機能を有効にしているコンピュータのハードディスクに自分自身をコピーしたり、コンピュータにインストールされているソフトのセキュリティホール(セキュリティ上の弱点)を突いて侵入したりする、といった方法である。

ほとんどのワームはWindowsを攻撃対象にしているため、セキュリティホールを修正すれば、感染の危険性を小さくできる。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

課題解決に役立つ資料集「ITライブラリー」

じっくり検討いただけるよう、多種多様なおすすめ資料を取りそろえています。

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介