WWW

読み方 : だぶりゅだぶりゅだぶりゅ

英語正式表記 : World Wide Web

WWWとは

World Wide Webの略。単にWebともいう。1989年にCERN(欧州粒子物理学研究所)のティム・バーナーズ=リー氏らが提案したクライアント/サーバー型の広域情報システム。クライアント用の表示/検索ソフトはWebブラウザ(あるいは単にブラウザ)と呼ばれる。

WWWで提供する文書情報はHTML(Hypertext Markup Language)やXML(Extensible Markup Language)と呼ぶ言語を使って記述する。これらの言語で作成する文書中には、インターネット上の別の場所にある音声や画像、テキストなどのデータのリンク先を、URL(Uniform Resource Locator)として指定できる。Webのクライアントは、サーバーに蓄積されている文書をHTTP(Hypertext Transfer Protocol)という通信手順で読み出してブラウザ上に表示する。

情報提供者は、インターネット上に分散して存在する文書や画像の情報のうち、参照したいものに自分の文書からリンクを張っておく。利用者はマウスなどのポインティングデバイスでリンク先を指定することにより、参照情報に効率よくアクセスできる仕組みである。

またサン・マイクロシステムズのJava、JavaScriptの登場によってWWWのユーザーインタフェースは飛躍的に向上した。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]