XML

読み方 : えっくすえむえる

英語正式表記 : Extensible Markup Language

XMLとは

Extensible Markup Languageの略。HTMLの抱える問題を改善するために標準化団体のW3C(World Wide Web Consortium)が仕様を策定した。1998年2月に正式版である1.0が発表された。W3C勧告の最新バージョンは XML 1.1 である。企業間電子商取引の分野でXMLを利用するための標準仕様がいくつも出てきている。

HTMLは文書内のデータにあらかじめ決められた属性しか与えられないうえ、大部分の属性は画面表示やレイアウト用だ。そのためHTML文書を「構造化されたデータ」として取り扱うことは難しい。XMLではデータの構造をユーザーが自由に定義できる。このためすべてのデータに属性を持たせることが可能になるため、データの自動処理などに適用できる。

XML文書をブラウザなどで表示するためには、レイアウトなどを記述した「スタイルシート」を使う。スタイルシートを使えば、表示用の情報をデータから分離できるため保守が容易になる。同じXML文書でも、スタイルシートを変えれば、表示内容を変えられる。

スタイルシートを記述するのが、2001年10月に策定された「XSL(Extensible Stylesheet Language)」である。リンク機能は「XLink(XML Linking Language)」や「XPointer(XML Pointer Language)」を使って記述する。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]

大塚商会の法人向け通販サイト(たのめーる)のご紹介