ZigBee

読み方 : じぐびー

ZigBeeとは

半径数十メートル以内(パーソナルエリア)にある機器間の通信用として考案された無線通信の新技術。ジグビーと読む。代表的な用途は、ビルや工場の制御を自動化するためのセンサーネットワーク。ビル内の様々な場所に設置した人感知センサーや温度センサーから定期的にデータを収集するといった際に使う。センサーは、コーディネータと呼ぶ1台の集約サーバーにデータを送信する。コーディネータは集めたデータを設備制御システムに転送する。これにより照明やエアコンを制御できる。

特徴は、電波の到達距離が長い点と、広範囲に設置された多数のセンサーからコーディネータにデータを集約できる仕組みを規定している点。同じくパーソナルエリア向けのBluetoothやUWBは到達距離が約10メートルと短い。ZigBeeのコーディネータは、半径30メートル程度の範囲内にあるセンサーと通信できる。基本的に2.4GHz帯の電波を使う。

技術仕様は、IEEE(米国電気電子技術者協会)802.15ワーキンググループのタスクグループ4(802.15.4)が策定している。このほか、100社以上の半導体メーカーや通信機器メーカーが参加するZigBeeアライアンスが、上位機能を策定している。日本からは沖電気工業や三菱電機などが参加している。

出典:ITpro「今日のキーワード」(C)日経BP社

[2010年 1月 1日 公開]