BIMモデルから数クリックで簡単にVRデータを作成ができ、さらに高品質なデータまで作成ができるオートデスクのVRソリューション(Revit、Revit Live、Stingray、3ds Max Interactive)のそれぞれの特徴や利用シーンを事例を交えてご紹介します。