AI画像認識を利用した工場の見える化システム「A-Eyeカメラ」

生産設備の稼働実績を低コストで収集するIoT

AI画像認識を利用した工場の見える化システム「A-Eyeカメラ」

「A-Eyeカメラ」は、AI(人工知能)による画像認識(解析)を利用したIoTプラットフォームと、クラウドシステムによるデータ分析を組み合わせた、中堅・中小製造業向けIoTソリューションです。製造現場にネットワークカメラを設置して生産設備を撮影することにより、稼働状況の把握や稼働実績の自動収集を行います。クラウドに蓄積したデータを分析することで、工場の見える化を推進します。

こんなお困りごとありませんか?

  • 生産設備の稼働状況が分からなくて生産性を把握できない
  • 管理部門と製造部門で作業状況を共有できていない
  • 生産設備が停止したままの時間が長い
  • 日報から稼働率を集計するのに手間がかかる
  • IoTを導入したいが何から手を付ければよいか分からない

A-Eyeカメラで解決できます

  • 新旧問わず、さまざまな生産設備の稼働状況を一括把握、共有が可能
  • 分析グラフにより稼働率を「見える化」して改善
  • 稼働データを「自動」収集して手間の削減
  • 導入が簡単、短期間で導入~運用が可能
  • クラウドシステムのため、どこからでも参照可能

具体的なご検討前のご相談でも、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

A-Eyeカメラの概要図

A-Eyeカメラの主な機能

リアルタイムあんどん表示

監視下にある機械の稼働やエラーを一画面で確認できます。また、収集された情報はクラウド上に保存されているため、さまざまな端末からどこにいても確認できます。大画面モニターなどで情報共有すれば、「エラー発生」を察知しやすくなり、すばやい対応が可能です。

充実した分析

製造現場の稼働状況をグラフで確認、分析できます。稼働率の推移や傾向の把握、改善効果のチェックなど、生産設備ごとにさまざまな分析ができます。

アラート通知

設備の異常停止時に、関係者へ自動的にアラート通知します。製造現場にいなくてもいつでも異常停止に気付くことができ、早急に対処できます。

導入事例

コクネ製作株式会社

業種:鋳物品の加工・組立
所在地:愛知県碧南市
事業内容:鋳物部品の機械加工・組立~販売

コクネ製作様の課題は、管理部門から工程にのっとった指示を出しても、実際の作業状況に沿わないこともあり、指示どおりに作業がはかどらないことだった。これを解決するためには生産設備の正確な稼働状況を把握しておく必要があると考え、IoTによる稼働実績収集の導入を検討。しかし、製造現場には10台近いさまざまなメーカーの機器が混在。センサーなどで全ての機器から稼働情報を収集するシステムを構築するには、多大な費用がかかることが判明した。そこで、AI画像認識によって稼働情報を収集する「A-Eyeカメラ」に注目。

稼働状況の共有

全ての生産設備それぞれの積層信号灯を「A-Eyeカメラ」で監視。「リアルタイムあんどん表示」で社員全員が社内のどこからでも現場の状況を把握できるようになった。また、分析表による稼働時間の見える化によって管理部門でも機械停止の予測が可能となった。

社内の変化

「A-Eyeカメラ」による正確な作業状況の見える化により、生産管理と現場がうまく連携するようになった。また、人手が足りないところを把握しコントロールすることで、いままで以上に人の力を生かせるように。加工現場の方々もITに対して好印象を抱くようになり、現場でも積極的にITを活用していこうという空気が生まれた。

費用

初期導入費
750,000円
月額(カメラ一台につき)
2,000円

お問い合わせ・資料請求はこちら

製造業向けソリューションの各製品・サービスに関して、「どれくらいで導入できるの?」「今困っていることが解決できるの?」など気になる点はございませんか?

資料のご請求、お見積りのご依頼、実機でのデモンストレーションを見たい、などのご希望も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

株式会社大塚商会 総合受付窓口 インサイドビジネスセンター

0120-220-449受付時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

ほかの製品も見てみる

ページID:00195420