製造業向けIoT見える化システム「ファクトリーNYC(ナイス)」

製造業向けIoT見える化システム「ファクトリーNYC(ナイス)」

通信端末の後付け設置で低コストかつ簡単にIoT化

「ファクトリーNYC(ナイス)」は、無線通信モジュール/ゲートウェイとセンサー、タブレット端末とを活用して、製造ラインの稼働状況、生産計画に対する進捗(しんちょく)状況、設備の予防保全などの一括管理ができるIoTシステムです。収集データは、グラフによる「見える化」で、分析に役立てることができます。それによって、改善点の早期発見と管理作業の削減を実現します。

「ファクトリーNYC」の製品カタログ

「ファクトリーNYC」の特長をまとめた製品カタログをご用意しています。無料でダウンロードいただけますので、お気軽にご利用ください。

資料ダウンロード(無料)

こんなお困りごとありませんか?

  • 古い設備を活かして生産性向上を図りたい
  • 製造現場に行かないと、設備の稼働状況が分からない
  • 製品不良や設備停止をデータで管理し、集計作業を効率よく進めたい
  • 日々の設備メンテナンスにかかる時間を削減したい

ファクトリーNYCで解決できます 

  • 設備の機種・年式を問わず、センサーを後付けして設備情報を無線収集
  • 設備の稼働状況、生産実績の「見える化」により、現場状況をリアルタイムに把握
  • 蓄積した製品不良・停止情報のグラフ表示によって、問題点の把握が可能
  • センサーによる状態監視でメンテナンスのタイミングを最適化 

「ファクトリーNYC」の製品カタログをご用意しました。無料でダウンロードいただけます。

資料ダウンロード(無料)

ファクトリーNYCの概要図

ファクトリーNYCの主な機能

設備稼働の管理

設備の稼働や生産進捗を可視化することで、作業者自身の気づきを促し、問題点を早期発見することができます。

生産の効率化

現場へ行って確認する手間をかけることなく、遠隔で生産状況を確認できます。また、これまでヒトが行っていた、管理のための記録チェックや不良分析の工数が削減できます。

予防保全

定量的なデータ収集により、作業者の五感に頼る検査がなくなります。また、機械・品質の異常などを早期に発見し、トラブルの予防保全と故障時にかかる修理費を回避できます。

レトロフィット

センサーとIoT通信端末とを後付け設置することにより、既存設備のままデータ収集できます。設備の新旧を問わずIoT化が可能です。

CSV出力

取得した設備の稼働、予防保全などの情報はCSV形式で出力可能。ファイルはダウンロードすることもできます。

導入事例

株式会社一倉製作所

業種
工業用プラスチック製品製造業、プラスチック製容器製造業
所在地
群馬県北群馬郡
事業内容
主に化粧品関連・自動車部品の製造

改善前の課題

現場の作業者が設備の稼働状況や不良状況、金型温度などを手書きで管理していたため、集計作業に多くの時間を費やしていた。そのうえ、製品ごとの不良やチョコ停の傾向といった細部にわたる分析ができていないこと、現場の状況をリアルタイムに把握できないことも課題となっていた。また、実際にどのように工場のIoT化に取り組めばよいのか分からず、着手できずにいた。
ナカヨの工場で、プラスチック成形現場に設置されている「ファクトリーNYC」を見学する機会があり、シンプルで分かりやすく、自社工場へ適用できると確信を持った。

導入後に改善したこと

自社工場にある古い成形機からも稼働データの取得ができ、目的に合わせた幅広いデータが取得できるようになった。

費用

オープン価格
1,200,000円~
  • * 設備1台とした場合
  • * センサー費、設定費・工事費、保守費 別

「ファクトリーNYC」の製品カタログ

「ファクトリーNYC」の特長をまとめた製品カタログをご用意しています。無料でダウンロードいただけますので、お気軽にご利用ください。

資料ダウンロード(無料)

ほかの製品も見てみる

ページID:00202596