「Office 365」との連携により実現する残業時間の抑制、在宅勤務やテレワーカーなどの労働力確保が可能な新しいテレビ会議と、効果的・効率的な会議を実現するためのポイントをご紹介します。