人気クラウドPOS「スマレジ」と基幹システムとの連動がもたらすメリット

「スマレジ」とは、iPhoneやiPadにアプリを導入して使用するクラウド型のPOSシステムのことです。アプリをインストールするだけで始められる手軽さや充実した機能やサポートが魅力の、これからPOSレジを導入しようと考えている方におすすめのサービスです。また、スマレジならほかのサービスと連携して活用することができます。
この記事では、スマレジの機能や使用方法などの基礎的な情報や連携サービスについて、詳しく紹介します。

スマレジとは

「スマレジ」とは、iPhoneやiPadなどに専用のアプリをインストールすれば簡単に使用できる、便利なクラウド型のPOSです。クラウド型のPOSにはさまざまな種類がありますが、スマレジは低コストで始められる、国内で高いシェア率を誇る人気のサービスです。

スマレジの機能

スマレジは単にレジの計算業務ができるだけのものでなく、店舗の運営をサポートしてくれる便利な機能がたくさん備わっています。それでは、スマレジの代表的な機能を見てみましょう。

レジ機能

スマレジにはアプリによる基本的なレジ機能がありますが、注目したいのは、店舗の業種や形態に合わせて使いやすいようにレジの設定を変えられる点です。
例えば、クイックコマンド機能を利用すれば「社員割引」や「会員割引」、「無料サービス」などをショートカットに登録して、スムーズに会計処理ができます。またレシートとは別に引換券を印字したり、商品ごとに販売価格の税込みや税抜きを切り替えたり、軽減税率や免税店にも対応しています。新人スタッフのトレーニングをするときには「トレーニングモード」を使用すれば、レジの操作をしても売り上げに反映されることはありません。

周辺機器対応

スマレジは、レシートプリンターやバーコードリーダー、自動釣銭機などの周辺機器と連動できます。周辺機器はBluetooth接続に対応したものを選べば、屋外でのイベントなどでも使用可能です。

売り上げ分析

スマレジは売り上げデータをリアルタイムで集計しているため、常に最新の情報に基づいた分析ができます。日別・商品別・曜日別・時間帯別など分析項目は多く、多角的に分析をして売り場の状況をより的確に把握できるのが魅力です。店舗別や販売員別の売り上げを確認することもできるので、店舗や個人単位などで細かく売り上げを比較したいときにも役立ちます。

クレジットカード・電子マネー・QR決済

キャッシュレス決済が広まりつつありますが、スマレジなら豊富な決済サービスとの連携ができるので、時代のニーズに的確に応えられます。クレジットカード決済はもちろん、電子マネーやQR・バーコード決済も可能です。キャッシュレス化の波に伴い、多様化するさまざまな顧客ニーズに柔軟に対応できます。

予算管理

スマレジでは店舗ごとに予算の設定ができます。また、売り上げ分析やイベントカレンダーなどに予算や実績の推移を表示させられます。それにより売り上げの計算に割いていた時間を大幅に削減できるうえ、リアルタイムに数字を追えるので予実管理がとても簡単になります。予算は月ごとだけでなく日別やスタッフ別などでも組めるので、より細かく管理したい場合にもおすすめです。

スマレジの使い方

スマレジにはさまざまな便利な機能があることを知り、早速使ってみようと思った方にスマレジの導入方法や基本的な使い方をご紹介します。

スマレジの導入方法

スマレジを導入する方法はとても簡単です。
まずレジとして使いたい端末にアプリをインストールします。専用のアプリはApple公式のApp storeからインストールでき、費用はかかりません。インストール後にアプリを起動して、画面の指示に従ってアカウント登録をします。
アカウント登録後はシステムに商品を登録していきます。商品は一つずつ登録することも、CSV形式でまとめたものを一括登録することも可能です。始めの登録作業はとても手間がかかるため、一括登録機能は大いに役に立ちます。月額料金は無料から有料まで5種類のプランから選択できますが、利用開始から30日間は全ての機能を無料で使用できます(大塚商会では無料プランは販売できません)。また必要に応じて、レシートプリンターやキャッシュドロア、ハンディターミナル等を準備する必要があります。

スマレジの基本操作方法

商品の登録作業が終わったら、スマレジを使用できます。商品が購入されたときは、画面一覧から該当の商品を選び、預り金の入力やクレジット決済の手続きを進めましょう。難しい操作は必要なく、通常のレジを使用するのと同じような流れで作業できます。
必要に応じて売り上げの管理や分析、店舗情報・スタッフ情報の登録などの便利な機能を使うことで、スマレジの高機能サービスを十分に活用することができるでしょう。

スマレジAPI

スマレジに欠かせない便利な機能の一つが「スマレジAPI」です。これはスマレジを外部のシステムと連携するためのインターフェイスのことで、蓄積したデータを他社サービスと連携することができます。
ここからはスマレジAPIの持つ機能と、どのようなサービスと連携ができるかについてご紹介します。

連携サービス例 1:会計システム

スマレジを会計システムと連携すれば、日々の売り上げ情報の管理から入金までの経理処理を効率的に行うことができます。
例えば、スマホアプリでも簡単に経理処理ができる「freee」や「MFクラウド」などのクラウド会計システムとの連携が可能です。こうした会計システムと連携させると、スマレジが保有している毎日の売り上げデータが自動的に会計データに変換され、会計システムに取り込まれます。面倒な手入力が不要となるため、会計システムの整理や記帳、給与計算が一層簡単なものとなり、間違いも減らすことができるでしょう。

連携サービス例 2:勤怠管理システム

スマレジを勤怠管理システムと連携させれば、店舗やスタッフ管理が効率よく行えます。例えば、CSVで勤怠情報を出力すれば「SMILE人事給与」との連携が可能です。出退勤のタイムカードを打刻するときに、顔写真の撮影を行うクラウド勤怠管理アプリ「TIME CARD」と連携でき、正確かつ効率的な勤怠管理に役立ちます。

連携サービス例 3:EC一元管理システム

スマレジでさらに便利に売り上げ管理や在庫管理を行いたいのなら、EC一元管理システムと連携させるのがおすすめです。例えば「ネクストエンジン」と連携させれば、ネクストエンジンの売り上げをスマレジに取り込めるほか、スマレジの在庫情報をネクストエンジンに反映させることもできます。

連携サービス例 4:クレジットカード・電子マネー・QR決済

さまざまな決済サービスに対応させたいのなら、クレジットカードや電子マネー、QR決済といったキャッシュレスサービスとの連携が必要です。
主要なクレジットカードや電子マネーによる決済をたった一つの契約で扱える「JMS」と連携させれば、豊富な決済方法を一元管理できます。複数のQR決済サービスを扱う「Star Pay」と連携させることにより、「WeChat Pay」や「Alipay」などを使いたいという中国からの顧客ニーズにも応えることができます。

リアルタイムで販売状況を知りたいならスマレジ導入がおすすめ

機能が多く便利なスマレジは、リアルタイムで売り上げ状況を知りたい管理職や店舗責任者などにおすすめです。出張が多く、どこにいても売り上げを確認したい経営層にもうってつけのサービスです。また、屋外での催事や野外イベントでも、販売状況を細かく確認することができます。

店舗の業種や形態に合わせてスマレジを外部クラウドやサービスと連携させれば、多彩な決済方法を提供でき、より効果的に売り上げや経営状態を把握することもできます。早速スマレジを導入して、時代のニーズに合わせたPOSレジへ切り替えましょう。

関連ソリューション

ライフデザインナビの情報

ライフデザインナビ トップページへ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。
ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

製品導入に当たって、疑問・質問はございませんか? お取引実績100万社の経験からお客様のお悩みにお答えします。資料のご請求、お見積りから、実機でのデモ希望など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00171149