販売情報をより価値あるものに変えるPOSとは?

レジシステムの一つである「POS」を導入していると、商品の売り上げに関する情報を集計したり、集計した情報を基に分析したりする際に、作業がスムーズに進みます。とはいえ、POSという言葉を知っていても、具体的にどのようなものなのかよく分からないという人もいるでしょう。そこで今回は、POSの仕組みや種類などの基礎知識と、POSを導入するメリット、導入方法についてご説明します。

POSとは

そもそもPOSとは「販売時点情報管理」(Point of Sales)の略称で、商品の販売と支払いが行われた時点での商品の売り上げに関する情報を集計し、保存するシステムのことです。このシステムを使うことにより、ある商品が売れたときにその商品の名称や数量、価格、日時などの詳しい情報を保存して、後からデータとして閲覧できるようになります。購入者の性別や年齢、当日の天気なども集計できるため、経営者はいつ、どんなときに、どんな人が、どのようなものを購入しているのかを把握できます。要するに、販売に関するさまざまな情報を管理・集計できるシステムのことです。店頭で使用されるPOSが導入されたレジを「POSレジ」といいます。

POSの仕組み

ここからは、POSがどのような仕組みでデータ管理を行っているのか解説します。

POSを使ってレジ業務を行う際は、まずPOSレジで商品のバーコードを読み取ります。この作業は、通常のレジを使う場合と何ら変わりはありません。異なるのは、通常のレジでは読み取られた情報がレジスター本体に保存されますが、POSレジは店舗内にあるストアPCに送信されるという点です。情報が送られると、あらかじめ登録済みの膨大なデータの中から、対象の商品とひも付けられているデータを自動的に検索し、商品の値段や商品名などの情報をレジ画面に表示します。そうして決済が終了すると、売り上げ情報がサービス提供会社のサーバーに送信され、保存されます。この一連の流れにより、送信されたデータを基にして売り上げ管理や在庫管理、顧客管理などをスムーズに行えるようになるのです。

POSを導入するメリット

POSレジの導入にはさまざまなメリットがあります。ここからは、導入する四つのメリットについてご紹介します。

データの可視化

POSを使うと、売り上げや在庫、顧客情報など、店舗運営に関する情報を可視化できます。そのため、データを基に効果的な戦略が立てられます。POSによって集計されるデータは、商品が売れた日時や購入者の年齢・性別、来店人数、その日の天気などさまざまです。こうしたデータの分析によって、いつ、何が、何個、どんな人に購入されたのかを具体的に把握できるようになります。実際に売れた商品の人気度や売れ筋、傾向などを分析することで、より現場に沿った販売戦略を練ることができるわけです。

複数店舗の管理

POSを導入すると、複数の店舗の情報も連携できるようになります。複数の店舗を展開している場合、売り上げなどそれぞれの店舗の情報や動向を管理するのは簡単ではありません。しかしPOSを使えば、全ての店舗の情報を一カ所にまとめられ、しかもリアルタイムで情報を確認できます。複数の店舗の管理に悩まされていた人も、情報の管理がしやすくなれば各店舗の売り上げ分析などに割く時間を短縮でき、各店舗に足を運ぶ回数も減らすことができるでしょう。

レジ会計時の効率化

従来のレジでは、手打ち作業により時間がかかることは珍しくありませんでした。一方POSレジでは、バーコードを読み取るだけでその商品の金額や商品情報が表示されるため、会計がスムーズにできます。POSのデータベースには大量の商品の情報を登録でき、そのデータベースをバーコードスキャナーと連携させることで、金額などを手打ちする必要がなくなり、レジを打つ時間を短縮できるのです。レジ待ちの時間が減るので、顧客満足度の向上も期待できます。
店舗の営業が終了した後のレジ締め作業も、商品項目別で簡単にまとめられるため、手間や時間がかかりません。売上金額は自動的に計算してくれるため、レシート数の確認や伝票記録といった作業が不要になり、その分の人件費も削減できます。

レジ会計時の不正や、誤入力の防止

POSレジではレジをどのように使用したかという履歴が残るため、いつ誰が会計作業を行ったかを明確にでき、不正防止につながります。
商品情報はあらかじめデータベースに登録されているため、入力ミスの防止にもなります。打ち間違いが減ることにより、経理や会計担当者の訂正業務や、顧客対応なども減らせるという点は見逃せません。また、操作が簡単なので、新人でも早い段階でレジを使う作業に慣れることができます。

POSの種類

一口にPOSレジといっても、さまざまなタイプが登場しています。そこで、導入の際に選びやすいように主な種類をご紹介します。

ターミナルPOS

ターミナルPOSは、現在POSの中で最も多く導入されているタイプで、コンビニやスーパー、飲食店など多くの店舗で使用されています。「据え置き型POS」や「レガシーPOS」などとも呼ばれ、見かけは従来のレジとそれほど変わりません。従来のレジと同じような使い勝手の良さを残しながら、自動釣銭機やセルフレジなど、便利な機能を備えているのが特長です。従来のレジに使い慣れているスタッフや、タッチパネル画面の操作に慣れていないスタッフが多い店舗には、ターミナルPOSが向いているでしょう。
デメリットとしては、初期費用や修理費が高くついてしまうという点があります。本体の価格が高いうえ、数年おきに買い替える必要もあるため、導入コスト・維持コスト共に高くなりがちです。

ハンディPOS

ターミナルPOSの機能はそのままに、小型にしたタイプがハンディPOSです。コンパクトで手に持って操作ができるため、狭い店内でも使いやすいのが特長です。品出しや棚卸し作業をする際や、イベント・催事をする際のレジとしても向いています。見た目もシンプルでスマートなので、店舗の雰囲気が損なわれる心配もありません。

スマートフォン、タブレットPOS

近年普及率が高まっているのは、スマートフォンやタブレットを使う「m-POS」タイプです。市販の端末にPOSのアプリケーションをインストールすることで、普段使っているデバイスをレジとして使用できます。POSのアプリケーションは、iPadまたはiPhoneを対象としたサービスが多いものの、Android端末に対応しているものもあります。
スマートフォンやタブレットを使ったPOSは、レジ専用の機器を導入する場合と比べて初期費用を大幅に抑えられるため、取り入れやすいというのが利点です。身近な端末を使用するので、新人も短い期間でレジ操作に慣れることができます。

POSの導入時に気をつけたいポイント

導入する際には、サービス内容やサポート体制、初期費用や運用コストなどをしっかり確認しましょう。どれを選ぶかによってできることが変わってくるため、自社の運用に適したサービスを選んでください。
POSレジの中には、導入する店舗の業種や業態に特化したものもあります。より自社の経営に適した運用をしたい場合は、特定の業種に特化したものを検討してみることをおすすめします。さらに、店舗の規模や活用したい機能、設置場所なども事前に考えて選ぶことも大切です。導入前にこうした点をしっかり検討しておけば、導入後のトラブルを防げます。

POSレジの導入には、業務の効率化や誤入力の防止、複数店舗の一括管理などさまざまなメリットがあります。早速POSレジを導入して、より効率的でスマートな店舗運営を実現させましょう。

関連ソリューション

自社にぴったりなPOSを探す

POSシステムは市場で多くの製品があり、どのメーカーのどのようなPOSが自社に合っているのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。大塚商会は多様なメーカーの製品を取り扱うマルチベンダーとして、さまざまな業種・業態においてPOSシステムを導入・構築した経験があります。自社に最適なPOSレジの導入・構築をサポートします。

大塚商会の小売業向けPOSソリューション

ライフデザインナビの情報

ライフデザインナビ トップページへ

「ApaRevo」カタログダウンロード

「ApaRevo」の概要をすぐにつかんでいただけるようPDFカタログをご用意しています。無料にてダウンロード可能ですので、ご検討資料としてお役立てください。
ダウンロード資料:PDF・12ページ

カタログをダウンロードする

お問い合わせ・ご依頼はこちら

製品導入に当たって、疑問・質問はございませんか? お取引実績100万社の経験からお客様のお悩みにお答えします。資料のご請求、お見積りから、実機でのデモ希望など、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-220-449

受付時間
9:00~17:30(土日祝日および当社休業日を除く)
総合受付窓口
インサイドビジネスセンター

卸販売について

ページID:00171156